中小企業の資金調達はこれでOK

 

あなたのお悩み解決致します


 

金融機関に応援してもらえるようになるには?

 

正しい金融機関の選び方とは?

 

金融機関と良い付き合いができていますか?

 

融資の成功率を上げるには?

事業計画書の重要性とは?

融資を受ける際は、まず経営者として(人として)の資質を見られます。
そして過去の経歴に特に問題がなければ、最終的には事業計画書が非常に重要な意味をもってきます。

当然ですが希望者全員が融資を受けられるというわけではないのです。

それだけに事業計画書には第三者がはじめて、その内容を見たとしても、彼らに理解させることでき、さらには納得させ、「この人なら融資しても大丈夫」「この事業計画に対してならば融資できる」と思わせるだけの具体性、明確性、客観性、実現可能性を兼ね揃えている必要があります。

詰め込みで考えた事業計画書で融資が通る程甘くはありません。しっかり練り上げた事業計画があって初めて融資担当者を納得させることができるのです。

金融機関に提出する資料としては

新しく創業しようとする場合は事業計画書(創業計画書)を提出することになります。

では、創業後はどうでしょうか?

既に事業を始めている方に対しては、金融機関は決算書の提出を求めます。
そして、決算書の内容が良ければ、すぐに融資が受けられることもあるでしょう。

では決算内容のよくない会社は融資をあきらめるしかないのでしょうか?

いいえ、そう決めつけるのは少々早いです。

確かに融資を決定する上で決算書は重要な資料であることに違いありませんが

それだけで全てが決まるというわけでもありません。
たとえ、決算内容が良くなかったとしても、なぜ良くなかったのかを分析し、
今後、業績の改善が見込まれるのであれば、融資を受けられる可能性は十分あります。

そこで、今後の業績の改善を示す資料として提出するのが事業計画書なのです。

これらのことより一つ言えることは何もない真っ白な創業時こそが一番融資を受けやすいのです。

料金

・資金調達サポートサービス 
融資を受けるための手続きをサポートします。

 

・金融機関同行サービス
金融機関へ同行訪問し、業況報告を行い、融資を受けやすい会社への体質改善を目指します。

 

・事業計画書作成サポートサービス
※作成代行ではございません
事業計画書の作成は経営者様にヒヤリングを行いながら事業計画書に落とし込んでいきます。
その事業の成長性や将来性をいかに表現できるかが重要になってきます。
事業計画書はあなたの事業の設計図であり、道しるべなのです。
また、事業に関することだけではなく経営者様の人間性も大切な要素です。
金融機関に「融資させて欲しい」と思わせる事業計画書を練り上げていきます。

 

・月次事業報告書作成サポート 
毎月の計画値と実績値を対比し、前月の経営内容を振り返ります。
そこから達成、未達の原因を分析し、当月の計画値を達成させるため具体的な改善策を見つけていきます。
作りこむことにより売上アップにつながり、会社に対する金融機関からの評価や信用力が高まります。

 

なお、創業後1年未満の方には特別プランをご用意してありますので、ご興味があればお問い合わせください。

 

なぜ行政書士? なぜFP?

行政書士は事業計画書の専門家だからです

そして、FPというのはお金の専門家だからです

 

 

ご相談からご依頼までの流れ

1.ご相談 
お電話またはメールにてご相談内容をお伝えください。下記のお問い合わせフォームからも可能です。
(打ち合わせや申請等で外出していることもあるため、携帯より折り返しご連絡させて頂く場合もありますので予めお願い致します。)
2.初回のご相談は無料

更に詳しい内容は、後日の面談時にお話をお聞きします。
面談日程は打合せの上、決定致します。(ご予約制)

 

3.お見積りの提示

面談後、お見積りを提示させて頂きます。

 

4.正式なご依頼および着手金お支払い

お話しした内容やお見積りに納得頂けましたら正式なご依頼となります。

着手金として3万円を頂戴します。(資金調達サポート)
報酬額に充当させて頂きます

 

5.ヒヤリング

 

6.書類作成

 

7.残金のお支払い

 

お問い合わせフォーム

ご用件※下記の中から選択ください